読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメンに漂流

ジャンル問わず至るところのイケメンを語りたいブログ

學蘭歌劇『帝一の國〜血戦のラストダンス〜』ライビュ感想。〜あなたもわたしも帝一ロス〜

學蘭歌劇『帝一の國〜血戦のラストダンス〜』ライブビューイングに行ってきました。

 

初めは、第一章も二章も見てないし話わかんないからチケットはいいや〜みたいな気分でいたのですが。

ゲネの動画を見てしまい、また旅行先での暇つぶしに原作を購入したことで、もう行きたくてたまらなくなって。

それが千秋楽二日前でした。

そして必死にライビュなら行けるかとチケット探して、気づいたら旅行から帰ってそのまま映画館に向かってました。

 

あのときの自分の行動力に感謝したいと共に、最初から劇場に行くことを決めなかった自分をぶん殴りたい。

そのくらい最高な舞台でした。

 

たくさん面白い舞台はありますが、こんなに引きずった舞台はなかなかない。キャストの皆さんたちが言っているとおり、まさに帝一ロス。

 

ケーブルテレビに課金して第一章と二章も見ちゃったらますます帝一ロス。

 

もうずっとM1聞いてます。こっこ〜に勝利の旗を〜〜かかげろ〜お〜お〜〜♪

 

幻の城で染谷さんに心打たれるまで、実は私細貝さんめちゃくちゃ好きだったのですが、駒先輩にルルカ、2役を演じる細貝さん見たらもう好きが溢れて溢れて(笑)

気づいたら曇天のチケット取ってました。

 

こっからネタバレありの感想です。

 

一応、舞台より原作を先に読んでみたのですが、ほんとにびっくりな再現度でしたね。

吉川さん演じる菊馬の表情筋どうなってるんだろう。

菊馬と言えばキクマ・ド・サド様。

あのシーンのルルカとミッチェルが可愛すぎて。

ふーたりのちゅーせいしーん♪

原作でもあの二人のニコイチ感が大好きなんですが、やっぱり氷室と駒を演じた二人の新たなニコイチって感じでしたね。ちょっと自分がなに言ってるかわかんないけど。

 

あとなにより、光明の洗脳シーン。ここは見ててなんかきつかった。

一章からそりゃもう色んなことがあった帝一だけど、伴侶の光明を失うのは辛そうすぎました。

菊馬と光明の絡みが可愛くてふっとんだけど(笑)小悪魔光明にゃん。

 

さとちゃんの玲ちゃんと流司くんの久我も最高でした!玲ちゃんほんとアイドルだな〜〜〜

キクマ・ド・サドの時の流司くんの日替わりの「初日」がもう。千秋楽に「初日」。

菊馬が「もう体ボロボロだよ!!」って返してたのほんとお疲れ様ですって感じです。

 

そしてまだ私が未読の髪伸びた蒜山。いい悪役っぷりでした。

あの軍服が似合いすぎてて。

自信満々の悪そうな笑みから、最後の絶望した表情に変わっていく蒜山が忘れられないです。

 

クライマックスの僕が生徒会長じゃないなんて。この曲も最後にふさわしい清涼感と哀愁のようなものが感じられて最高でした。帝一の最後の曲どれも抜群に好みなんです。

コミック買ってねとか歌っちゃうとこも(笑)

 

千秋楽は、最終章ということで、卒業式がありました。

兎丸先生が細貝を磯貝呼びするのツボです。

何人かっていうか結構キャストの方が泣いてて、本当にいい仲間でいい舞台を作り上げたんだなあと。

 

第一章からぜーんぶ生で見たかった!と後悔が募って仕方ないです。

命短し金出せオタクだな〜〜〜

 

とりあえずまだまだ録画した一章と二章を見ながら、そして最終章DVDを待ちながら帝一ロスに浸ろうと思います。

今は光子の「抱かれたアタシ」とルルカミッチェルのコウメイドールとの「がわいい〜〜〜ほんとぎゃわいいい〜〜〜〜」のシーンを鬼リピしてます。「なあになあにコウメイドール♪」の揃い方が可愛すぎる。

 

そして、私はイケメンの女装とオカマ役が大好きだという性癖に気がつきました。細貝さんのおかげです。ありがとうございました。