読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメンに漂流

ジャンル問わず至るところのイケメンを語りたいブログ

『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』感想〜愛、それは舞台〜

『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』の二日目昼公演に参加してきました。


元々わたし原作がだいっすきでして。初めて声優さんにも興味持ちました。バト生最高。

あんまりアニメ見ないんですが、授業のレポートで映像分析して提出するくらいには防衛部好きです。今読み返してもトンチキレポート。


舞台化発表されてこれは推しが出なくても絶対行こうと思ってたのですが、まさかの高崎翔太。やばい。


なのにサークルの合宿と日にちめっちゃ被って1日しか行けないのほんとつらい。合宿のせいで歴タメも行けない。


なのでこの1公演で全力で楽しもう!と思ってたら、観たらいっそう行けないの悔しくなった。面白すぎて。


※こっからネタバレします〜〜〜


実は訳あって遅刻してしまって。タクシー駆使したのですが、会場着いたら既に君もふぉーりんらっ♪どぅーいんらっ♪してて、そこは異世界でした。


あの地球防衛部が目の前で絶対無敵☆Fallin'LOVE☆しとる……!


煙ちゃん推しなんですけど、五十嵐さんの煙ちゃんイケメンがすぎる。薄めのお顔にすらっとした煙ちゃん。

てか、みんなかわええ。防衛部のわちゃわちゃ感。

荒牧くんの立めちゃくちゃ再現度高くないですか?!あのウィッグが似合うのもすごいしチャラめの話し方とかも完全に再現されてました。

草津会長も声意識してる感じでしたね。


高崎くんの硫黄はもう愛らしさの権化です。硫黄役って知ったときどうなるかと思ったけどね。さすがかわいい。


あらすじは舞台オリジナルって感じでした。ベースはアニメ通りで、防衛部がわちゃってストーリー展開して、征服部がアルゲントゥムして怪人出てきて、ラブメイキンする。


内容というか、脚本がとにかくふざけてました。やばい。メタ発言しまくり。

それがまさにアニメの雰囲気を再現してました。例えば、アニメ1話冒頭のちくわぶの話を真面目にする煙ちゃんと熱史のシーンとか、淡々としたギャグが防衛部の色だと思うのですが、それを失わなかったなあと。

だからシンプルにたけやんさんすごい。演劇だとアニメより絶対にメリハリが必要とされるじゃないですか。

淡々と面白いことするより、テンポが必要というか。それを上手く北島マヤオが担当してくれてました。


アドリブシーンが多かったのも、とても面白かったです!

演劇の練習、という名目で最近悲しかったことを言ってみろ!と北島マヤオが振るシーンでは、

  硫黄→実は役のイメージに近づけるため、私だけシークレットシューズです(靴を片方脱いでみせる)

 立→実は役のイメージに近づけるため、夕飯全然食べれてません、しょぼん

 ゆもと→実は役のイメージに近づけるため、楽屋でも無邪気にシャボン玉吹いてます、しゃぼん

 熱史→先輩にお寿司おごってもらったんですが、魚介類食べれません(北島に何なら食べれるんだとつっこまれ、)   チョコ

 煙ちゃん→由布院煙は老け顔の設定だそうです。だから31歳の自分がキャスティングされたんでしょうか


…メタ発言のオンパレードだあ

ざっくり覚えてただけだけどほんとに2.5次元の掟を破る作品ですねこれは(笑)


ズンダー様は登場するだけでシュールなので、常に笑いが起こってました。


ほんと笑いが絶えない舞台なんですよ。

煙ちゃんが倒れる、熱史「助けてくださーい!」、他3人「瞳を閉じて」に限りなく近い歌を歌う。

ゆもとによる歌「モフろう」(限りなくアニーのtommrow)

などなど。

伝説の舞台「たぬキング」の稽古をする防衛部も最高でした。100匹のたぬきを演じる荒牧氏。

物販の硫黄「俳優の体臭に近い香水を振りかけた抱き枕を販売します!……みなさんこういうのがいいんですよね?」そうだよよくわかってんじゃん。翔太くんかわいい。


生徒会のみなさんは、あの、本当に高貴でいらっしゃって…あのBGM流れるだけでなんか面白くなってまう。

あこやちゃん大好きなんですけど、なかなかスポット当たってて良かったです。有馬さんも掴み所ない感じがまじ有馬さん。

「我ら正義のカエルラ・アダマス!」が聞けたのほんと嬉しかった!バックダンサー防衛部なの笑ったけど。こんくっえすっ

あこやを有馬がおんぶする場面で、後ろの席の方の「はぁ…」って声が聞こえてうけた。心の声漏れてますよ。


草津会長と熱史の関係を、「林間学校にこのよこしなの里で、織田信長役と明智光秀役をやった、即ち熱史が裏切った」(超訳です)みたいに表してたのは、上手いな〜と思いましたね。

アニメ最終話みたいな錦ちゃんのデレシーンも見たかったけども。


防衛部は、原作も人気ですし、声優の方々がイケメン揃いだし、舞台化は賛否両論あったと思います。

しかし、それをいい意味でぶち壊してくれたのではないかと。

イケメン俳優がパンツになる舞台。体当たりすぎかよ。

とにかく、原作ファンでもあり、俳優のファンでもあったわたしは大満足の舞台でした。


自分の大好きな世界に自分の大好きな人が加わってくれる喜びったらないな〜〜って。


観客の方は、パッと見て原作ファンの方が多いのかな、と感じました。


俳優ファンと原作ファンのいざこざみたいなのは2.5次元が盛んな内は避けられないと思いますが、この活劇のように、そんなもの力づくで吹き飛ばすぜっていう発想、とても良い。


http://natalie.mu/stage/news/179294

この記事の翔太くんの「今回の舞台、本当に中身のない作品となっております」って言葉にほんと笑いました。高崎節だわ。


中身があろうがなかろうが、防衛部の世界観を楽しめる舞台なことは間違いないもんね!


アニメ自体割となんでもありだし、それを実際に体現しててほんと楽しい舞台でした。


原作厨がどうとか俳優厨がどうとか言ってる方々にラブシャワ〜〜〜〜☆