読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメンに漂流

ジャンル問わず至るところのイケメンを語りたいブログ

ボイメンにズブズブ

ボイメン。存在を知ってはいたんです。

それはテニミュ小林豊さんを知ってたから。なんてイケメンなの、しかもなんかふわふわしててかわええ!

そんな感じで好きになって、ちょっと調べたら色々とすごい変わってて驚きました。

なんか小林豊っていう存在を知って満足しちゃって、そのときでてきた「BOYS AND MENのメンバー」って言葉にあんまり意識が向かなかったんだよね。


そんな感じでボイメンを検索せずに過ごしていたらつい一ヶ月ほど前。

「ボイメンやべえ」

友人MからのLINE。「あーなんか聞いたことあるわ小林豊のやつやろ?」M「そう。ほんとやばいから今から送る動画見ろ」

半ば強制でした。

そして送られてきたのが、若い男の子たちが手押し相撲をワイワイしている動画。


ハマりました。だってすげえかわいい。K-POPから離れてしばらく経ったけど、若い男の子たちが集まって騒いでいる、それだけに尊さがあると考えるわたしにグサリときました。


この友達Mは、わたしのしつこいステマによってたまに一緒に舞台に行ってくれるようになったのですが、逆にボイメンのステマをわたしにし続け、見事ハマらされました。


小林豊が「ゆーちゃむ」と呼ばれ、なんかもうちょっとめんどくせえ女子みたいなやつだったことに驚いている間、Mは「わたしは勝にリアコかもしれない」というレベルに。

M結構リア充野郎だったのに…


最初は、もともとかんっぺきに作り込まれた歌とダンスのK-POPが好きだっただけに、ちょっと舐めてかかってました。

でも、彼らが持ってた人間味とかとにかく等身大な魅力にやられたんです。

(あと通訳なしで楽しめるっていうのもほんと最高だと思った)


小林豊、ゆーちゃむが入り口なだけあって、一応現推しです。

わなびーの特典会で初めて接触したのですが、顔が整いすぎててびびった。

緊張で挙動不審なわたしにも落ち着いてて、ゆーちゃむのテンションについていけるか不安だったのですが、プロ意識に包み込まれました。


最近じわじわ来てるのが土田氏。

つちゆた不仲芸が好きとかでなく。あれはゆーちゃむの人間味が溢れれてて好きなんですがね。

先日のzeppダイバーシティでも、なぜか土田氏から目が離せなかった。

でーらすき、が聞き取れなかったのですが、ゆるふわで萌えた。


まだまだ新規でよく知らないこと多いですが、ボイメン、知れば知るほど楽しいです。

とりあえず今はHuluでボイナイとボイマジ漁ってます。

ゆーちゃむの「本当は頭から耳が生えてて欲しい」に死ぬほどツボった。


課金先をこれ以上増やしたくないのですが、ボイメン恐ろしい。