イケメンに漂流

ジャンル問わず至るところのイケメンを語りたいブログ

耽美好きによる、耽美好きのための、耽美な残酷劇『グランギニョル』〜美とは説得力〜


萩尾望都が好きです。

池田理代子が好きです。

皆川博子が好きです。


耽美なものが、大好きです。

美しいものこそ正義。


そんなわたしのTRUMPシリーズ初体験となった『グランギニョル』。


耽美極まってました。

なんで今まで見てなかったんだろうって後悔したけど、単体でもめちゃくちゃ楽しめたし、今後深い部分を知っていくのも楽しみです。


あまりに良質な耽美体験だったので、TRUMPシリーズ初見の人間を感想を書いていこうと思います。


※ガンガンネタバレします〜!!


主なストーリーは公式サイトをどうぞ→http://grandguignol.westage.jp/pages/921949/story


とにかくOPに全てを持っていかれました。

繭期とかよくわからんしついていけるかなーとふわっとしていた脳を、一気にグランギニョルという世界に引き込んでいかれる感じ。

殺陣はもうただただすごい。

剣ぶん回しながら「ひれ伏せ、下賎なものどもよ」っていう染谷さんとか…夢に見たよね…


そして東くんの殺陣もとてもかっこよかった。最初扇使ってんの超グッときた!すぐ素手になっちゃってたけどそれもよかったなー

そもそも春林って役がめちゃくちゃ美味しいのでは、と思いました。人間とヴァンプのハーフのポジティブダンピールっていう設定も熱いのに、性格もなんとなく飄々としてるし加えて超絶スタイルだし…

(でもいい声すぎて若干麒麟の川島に聞こえることがあるという。褒めてます。ええ声俳優集めてトークしたらいいんじゃないかな)


物語として、会場が一番感極まってるなあと思ったのはアンリとオズとキキが別れていくシーンでした。

よくわからん猟奇的な3人だな…と思っていたらその中にも色々な葛藤があって見ていて辛かったです。無理矢理強くされてしまった3人なのに、なぜかバルラハへの恨みとか言わないんですよね。少なからずバルラハへの愛情があるってことなんでしょうか…


ちなみにキャラクターとして気に入ってるのはフリーダとジャック・ブレア。

自分の意思をしっかり持ってる美女に昔から弱くて…   ダリの不貞(結局違うけど)さえもダリのためなら受け入れようとする。どんだけいい女だよ!!

ただダリを盲目的に信じて付き随うのではなく、自分の中の筋のようなものがダリと同じで、同じ正義を持っている女性なんだなと。めちゃくちゃ素敵。

ジャック・ブレアはもう…ただただ好き(笑)

服部くんオカマ声うますぎ!憎めないし愛しいからブレア最高です。


そして何よりも耽美だったのが、三浦涼介さん演じるゲルハルト・フラ。

ショーシャンクといい黒執事といい、わたしの見るりょんくんは大概死ぬんですが今回はなんとか生き残りました。(中盤まで死ぬと信じて疑わなかった)

「僕は君であり、君は僕だ」

これ以上に心踊る台詞はないし、心踊る関係もないな…

ダリとゲルハルト、まるで陽と陰な2人。しかし光無くしては影はないように、共依存的な危うさも感じました。だから2人で生き残ったのかなと。

そして陽と陰な2人は、男性的、女性的といった対照も持っていたように思います。ゲルハルトがはける時など、ゆったりと歩く姿勢とか動きがとても女性らしいな…と思っていたので、妻のマリアがアンジェリコを愛せないと言うのを聞いた時、ゲルハルトが性的に不能であることはなんとなく想像できました。

自分は貴族で守るべきものもあるのに、中身は空虚で男としても完全でないゲルハルト。

内面にパラドクスを抱えたこの役柄に合うのは三浦涼介さんしかいない!!

なんというか、「美」って物語に説得力を与えることもできるんだな…無敵じゃん…

もちろん演技も素晴らしかったですが、ビスクドールのようなお顔立ちがもう…虚空に向かって両手を伸ばすとこなんて彫像かと思いました。


もちろん他のキャストの方も素晴らしく、めちゃくちゃ美しい残酷劇を見せていただきました。

染谷さんとりょんくんのダブル主演とか聞いたときから「美しすぎてしぬ」とか言ってたけど予想を上回る美しさでした。


TRUMPシリーズ制覇してがっつりハマりたいです。耽美厨に磨きがかかってしまう。



超SUPERフリーライブに行ってきたよ!〜超特急オリコンウィークリー1位記念〜

前回の記事の通り、順調に超特急ハマってます。

 

sanari95.hatenablog.com

 

ハマりかけの所を超ネバギバDANCEが突き落として来たので。ドンギバ上等!!

 

そしてついに!超特急☆初☆現場☆

超SUPERフリーライブに行ってきましたー!

 

実はわたし只今絶賛就活中でして、デフォルトで鬱なんですけど。

この日は朝から説明会行って私服参加の面接行ったらその途中で着替えたスーツなくすという(^^)  ドジっ子わっしょい(^^)

 

スーツ捜索して無事回収して満身創痍で見た超特急さんは心底輝いてました。リクルート鬱も吹き飛ぶわーい

 

初の生特急の感想行きます!

 

超えてアバンチュール

・テンション!上がる!!

・360°ステージだから全体見てきーみのっせいってなるの嬉しかった〜〜

 ・ユースケがリョウガ抱きしめたのなんか微笑ましさがあった。可愛すぎる。

・コーイチが途中「しょげそっ♪」「めげそっ♪」って歌ったのも可愛いが過ぎたんですけど…あれがデフォルトなんですか?

 

Superstar

・めちゃくちゃ楽しみにしてた曲!

・とりあえず紹介ソング大好きオタクなので…

タクヤさんフラットすぎる

・ユーキが!ほんっっと可愛かった!トンチキ可愛いTT

 

MC

・生口上面白すぎ楽しすぎ

・すべてのアイドルに口上義務付けてほしい…

 

 

2ヶ月前の記憶がここで力尽きました

今年の目標はちゃんとアウトプットすることだったのに!ばか!!

 

もうこれもだいぶ時間経ってるけど武道館の記事も書きます…

 

…とにかくオリコンウィークリー1位おめでとうございました!!!

燃えるぜ滾るぜ超特急!

 

 

 

超特急をおススメしたい~めちゃイケ最高だったよね~

一カ月程前から超特急にハマっています。絶賛ドハマり中です。

先日のめちゃイケの大運動会最高でしたね。ボイメンも好きな私はもう超絶幸せでした!!!

賑やかガツガツ系のボイメン大活躍でしたが、超特急もほんっっと可愛かった…

生まれたての8号車が超特急を紹介なんておこがましいですが、ここ一カ月で感じたことやおススメを交えながら書こうと思います~~

ほんとド新規8号車なので、乗りかけっていうか改札通過した感じの新参者ですが、超特急、いいよ!!!

 

きっかけは、1月24日放送のGood Time Musicでの「超えてアバンチュール」を見たことでした。顔もいいし、衣装めっちゃ可愛いし、ダンス全力だし、面白いし、そしてなにより曲がめっちゃ良い。

この曲は”二次元に対する愛”を歌った曲なんですが、オタクからしたら共感しかないからね。パフォーマンス含めてほんと最高です。

 

そこからはもうハマるのみ。YouTubeでふじびじスクールとかめっちゃ見ました。

もともと存在は知っていましたが、バックボーカル2人メインダンサー5人という形式なのも初めて知って驚かされ、しかも歌・ダンスともにレベルが高い!

K-POPみたいに歌えない子はラップやればよくない?と思ったらラップもボーカルがやっててしかも上手い(笑) 変顔とかおもしろパフォーマンスの印象があったけど、しっかりプロフェッショナルなグループだなあと思いました。

 

ここからメンバーのイメージ所感です!一か月の!ここからまた変わっていくんだろうなあ~~

1号車 コーイチ

・歌うまっ

・マジで歌うまい声が優しい

・コッテコテの関西弁かわいい

・なんとなく一番「男」を感じる

・めっちゃ笑ってる奴いると思ったらだいたいコーイチ

・お父さん担当らしいが、まだあまりお父さんみは発見できてない

 

2号車 カイ

・名前がおしゃれ

・派手髪がおしゃれ

・嫌味のないカッコつけボーイ

・頭良すぎてびっくりした

・自分で「超特急のバランサー」「自分がいないと成り立たない」って思ってるのほんとかっこよすぎるから

 

3号車 リョウガ

・ガリガリリーダーって口に出して言いたくなる言葉

・かなりのリアコ枠

・アニメ、ゲームのガチオタだし、なんとなく自然体で優しそうでとっつきやすそうだが、絶対に普通の平民ではない超選ばれし人間勘違いしてはいけない

・超絶イケボ

・普通の動画でもリョウガがしゃべったとこだけリピートしちゃうあるある

・ブログとかなんかいろいろな言葉選びにセンスを感じる

・シンプルに付き合いたい(リアコ)、せめて男友達

 

4号車 タクヤ

・筋肉と美の競演

・筋肉見たことないけどお顔がたいそうbeautyなので問題ない

・オサレ

・学ランでもなんかオサレ

・結構毒舌っぽくてツンデレ可愛い

・年相応な感じするけどブレない男感がある

 

5号車 ユーキ

・ドジ!ドジっ子だよ!

・頭のネジが足りないというか違うとこに付いてそうでゆる可愛い

・そのくせステージでの表情のかっこよさがえぐい

・元exoのタオちゃんぽいなあという印象

・女装姿ユーコがおにかわ

・ユーキちゃんのおネエ演技だいすき

 

6号車 ユースケ

・すけちゃんぽー!

・推しになる気がする

・今までの推しとまったく違うタイプで困惑中

・良い子すぎない…??

・まっすぐすぎて愛しさが募りまくる

・「Septemberはノーベンバーです」

・ユースケが笑って過ごせる世界であってほしい…

 

7号車 タカシ

・タカシやで!

ジャイアントベビー

・末っ子だけど一番長身というK-POPのお約束属性

・優しさと可愛さで構成されてる

・歌声も優しい

・こんなに柔らかい関西弁を私は知らない

 

もうお分かりかと思うんですが、超特急は天使しかいません。なんというか、親近感と別次元の存在感のバランスが最高なんですよね…

歌もダンスもバラエティもいける超特急推すしかない!

おススメは

 超えてアバンチュール

 バッタマン

 Seventh Heaven

 ライオンライフ

 Superstar

です。どれも上質なサウンドにトンチキなスパイスが効いた最高な楽曲です。

後は動画見まくってください。落ちます。二次元好きな人、現実に疲れた人には特におススメしたい。

私は現実に死ぬほど疲れていたところ、超特急に救われました。あなたも救われてみませんか。

2016年観劇総集編~いろいろあったね~

 昨年、2016年の私の観劇まとめをしたいと思います。もう2017年も2月となりましたが。2016年6月から更新してなかったことに今大変驚いています。今年の抱負は見たものはすぐアウトプットする!これに限りますね。

 自分の記録用なのでかなりざっくり書いております

 

1月

・ミュージカル薄桜鬼 新撰組奇譚@天王洲銀河劇場

 初・薄ミュでした!生ヤイサ良かったな~~  原作に詳しくないので、あまりに人が死ぬ展開にびっくりした記憶。

・幻の城上映会@ユナイテッドシネマ豊洲

 10月に観劇した『幻の城』ですが、大画面で見る鈴木拡樹さんの演技の迫力やばい

・私のホストちゃんTHE FINAL@天王洲銀河劇場

 まさかこの後大阪にも行っちゃうとはね!

 

sanari95.hatenablog.com

 

 

2月

・ボイメン「Wanna be!」リリイベ@ららぽーと豊洲

 始まった!ここからボイメン始まったよ!

・ボイメン「Wanna be!」購入者特典会@新宿タワーレコード

 ゆーちゃむとチェキとった日… 隣の田村くんのファンサのすごさが忘れられない

・ボイメンLIVE@Zepp DiverCity

 超絶楽しかったやつ(笑) 

 

sanari95.hatenablog.com

 

私のホストちゃんTHE FINAL@森ノ宮ピロティホール

 

3月

美男高校地球防衛部LOVE!活劇!@Zeppブルーシアター六本木

 この作品わりと本気で2.5の歴史に残ると思ったんですが、続編ないんですかね?

 

sanari95.hatenablog.com

 

超訳文学 吾輩は猫である日本橋公会堂

 今思うとホストちゃんリボーンメンバーすぎて面白いですね

 

4月

ボイメン「キスのカタチ」完成披露会

 わりとサイコなキスが多くて愉快でした。つっちーがお気に入り。

・トキイベ@Zepp DiverCity

 

sanari95.hatenablog.com

 

・1789 バスティーユの恋人たち@帝国劇場

 東宝ミュージカル作品では、曲もストーリーもドストライクだった作品。革命男子たちの歌もいいけど、ソレーヌの歌が女性の心にめっちゃ響くんですよね。古川くんは作画・池田/理代子先生でした。

 

5月

・「羊をかぞえる。」DVD発売イベ@星陵会館

曇天に笑う天王洲銀河劇場

 細貝ポニーテール圭見たいんじゃあああってなって行ったけどほんとかっこよかった。それなのにアフタートークで笑い過ぎて植田くんの手に目つっこんだの意味がわからなかった。

 

6月

あんさんぶるスターズ!On your mark!ライビュ

 

sanari95.hatenablog.com

 

 

8月

王家の紋章@帝国劇場

 昭和の古き良き少女マンガ好きとしてはたまらん体験でした。古典的なヒロインと俺様イケメンのラブストーリーを壮大なスケールでお送りしていた。矢田くんが思ったより出番多いし、歌うまいしで終わった後周りの方が話題にしてて嬉しかったです。

 

10月

細貝圭バースデーイベント(昼の部)@TFTホール

 なんで細貝さんってまとってるオーラがあんなに柔らかいんですかね?ふにゃっふにゃしとる…でかいのに…

 

11月

・ボイメン映画舞台挨拶@渋谷

 AK/Bさんのような話かと思ったら努力!友情!勝利!の物語で少年ジャンプでした。

・ミュージカル黒執事 NOAH'S ARK CIRCUS@TDCホール

 さいっっこうでした。特にセットと演出!このサーカスが見たかった!という感じ。曲はやっぱりリコリスより残るものが少ない気もしましたが。キャスティングも面白いなあと思いましたし、絶対推されて欲しいシリーズだと再確認でしたね。

 

12月

・EXO PLANET #3 – The EXO’rDIUM in JAPAN@東京ドーム

 K-POPから若干離れてもexoコンだけは毎年行ってしまうという。今回チャニョルが愛おしくて仕方なかった。男の子感あってかわいかったです。

パタリロ!紀伊國屋ホール

 いやもうこれ…最高すぎてやばかったんですけど… 今年の2.5アワード個人的1位です。原作の世界観あんなに忠実にできて、しかも誰でも笑えてって最強すぎるでしょ!青木玄徳さんのバンコランずるすぎだし。まさか人生でタマネギ部隊になる細貝さんを見られるとは思ってなかったです。しかも忠実な。

 

2017年1月

・私のホストちゃん REBORN@サンシャイン劇場

 ホストちゃんはホストちゃんでした。和合くんがとても気になる。しゃべってないときの動きが特に。

・ロミオ&ジュリエット@赤坂ACTシアター

 古川ロミオはやっぱりベルばらから出て来てるよね?

あんさんぶるスターズ!Take your marks!ライビュ

 天祥院前山英智すごいなー!いけすかない!儚い!私が見る前山くんはいつも生徒会長をしていますね

 

2月

・少年社中 アマテラス@紀伊國屋ホール

 見に行って良かった!高崎くんの美しさが存分に発揮されていました。特に横顔。社中さんの舞台は『パラノイアサーカス』しか見たことがなく、しかも生は初めてだったのですが、本当面白くてでもなにかを考えさせられてっていう演劇体験ができました。あと三上俊さんにびっくりです。勝てない。

 

もうつい最近の2月まで書いちゃいました(笑)

1年前こんなことしてたんだなってスケジュール帳見ながらエモ体験。

在宅女だからあれだけど、見たいもの見れた良い一年でした。

 

今年もそんな感じでやっていこ~~

書きたいことあるものは後で個別にまた感想書きます。

 

ちなみに今ハマってるのは超特急です。現実が嫌になると新たなものを見つけてハマる癖いい加減なおしたいです。

あんステ!〜需要と供給がそこにある〜

あんさんぶるスターズ!on Stage』千秋楽のライブビューイングに行って来ました。

なんかこうとてもすごい需要と供給の一致を目撃した気がする舞台だった。


あんスタは、推し細貝圭くんが声優として出てるということでやり始めたはいいものの、ゲーム音痴なのでよくわからず毎朝羽風薫CV細貝圭の一言に癒されるツールとして使っておりました。

舞台化!となり、「これは金髪どチャラ細貝を観れるチャンス!」と思ったのだけどそれは叶わず…でもまさかの大好き高崎翔太くんがあの瀬名泉役でキャスティング(笑)

まあね〜銀髪は高崎感あるよね〜〜 


そして不得意ながらもストーリーを少しずつ解放してくと普通に内容が面白くて、あんステが楽しみでしかなかった!

日々の高崎さんのフリーダムな日替わりレポにはハラハラしてましたが!!自由こそ高崎先輩の真骨頂なとこあるよね!


とりあえずまとめきれてないですが舞台の超絶雑感をば。

自分的にわかりやすいのでユニットごとに!


Trick Star

 ・おざれんのスバルもう最高主人公

・おざれんの跳躍力

・スバルの良い子なんだろうけどややサイコっぽい所な

・一慶さん白すぎませんか

・確実に発光してた

・ゆうくん役の方がまさかの最年長(イッケイヤマモトだと思ってました)

・髪型もなんだけど私的にどうしても北斗と一慶さんリンクする

・地毛だから帰るの早いの面白すぎる

・いさらまおかわいすぎわろた


UNDEAD

・はい最推しユニット〜〜〜

・もう衣装がズルイのほんと

・零さんが耽美すぎる

・「すまんかった」

・晃牙役の子がカッケ〜のに愛らしくてほんと晃牙

・アドニスは肉を食わせれば間違いないと思ってる節がある

・でもゲームでも大体そう

・羽風役の奥谷さんキツネ顏っぽくてとても良かった

・奥谷ちひろって名前がいい

・UNDEADが四人で固まってるだけでマジカッケえ……ってなる

・零さんがスタンドマイクぶん回してるのめっちゃロック


紅月

・曲は正直一番好み

・扇子ずるいわ〜〜

・はすみんがイケメンすぎて辛い

・スタイル良すぎだし目は切れ長だし

・大将声高くてかあいい

・「我は度し難いでござるな!」

樋口裕太の演じる神崎まじ幼児

・パフォーマンスがまさに最強ユニットの迫力


2wink、鉄虎、しののん

・1年生かわいいのう

・せいやくんの鉄虎も幼児みあった

・とりあえずしののんはみんなの天使

・らびっつの腹チラ

・双子とにかく双子


knights

・ま〜〜楽しそうね!!

・高崎もちょっと後輩いびり趣味なとこあるもんね…(ex:荒牧よしよし)

・北村さんの嵐ちゃんなんか好きにならないわけないじゃん

・わりと高崎翔太なのに瀬名泉に見える不思議

・歌うのかとややドキドキワクワクしてました(ユニットソングは無し)

・ゆうくんに絡みに行く泉まじサイコ

・最後北村氏がまだ来ないからってセンター上で仁王立ちしてた高崎さん

・でもやっぱゆうくんに泉が最後忠告?励ましをするとこは切なかった

・泉の目が潤んでる気がして


まとまらないから箇条書きにしたけど全然まとまらない!(笑)

こういうゲーム派生で「キャラクター重視」のものでは、観客もそのフィルターを通して見るのが楽しみ方だと思うけど、清々しいくらいファンに媚びてくれる(言い方悪いです。すみません)のが楽しすぎた舞台。


フレッシュな子たちが多い分、その役への思い入れは強いだろうし(そしてフレッシュな子たちじゃないと踊って歌ってって舞台は厳しかったのでは)、ファンが求める役への理解と演技力は必ずしもイコールじゃないというのが私の持論です。

そう考えると、思いっきりあんスタファンが見たいものを見せてくれたあんステだった!


スバルが自分の未熟だった所を知って、思いを叫ぶシーンでは涙が美しすぎルート小澤くんが本当に熱演でうわあってなりました。

イケメン俳優として括るつもりではないけど、努力!友情!ってものはイケメン俳優が演じるからこそ説得力っていうかその尊さが響く気がしている…


舞台全部がスバルじゃないけど、キラキラってこれか!ってなるものを見せてもらった!!ぜひ続編!今度勝手にfineの配役考えようかな!!


心配事としては刀ステから荒牧氏、あんステから高崎氏が大量のファンを連れて来てトキイベ戦争が起こるのではないかということです。


でも高崎氏の足の長さの話とかみんなに知ってほしい気がしなくもない。(※素敵な座高のせいで美容院で座ってたら「お客さん背高いですね」って言われて帰りは小走りで帰った話)


キャラがもっと好きになってあんスタもっとやり込もう!ってなったし早速気になったキャストを調べて青田買いした気になっているのであんステ最高。



トキイベvol.8〜とにかくトキメン最高だった〜

トキイベ、トキエンタテイメントのイベントに初参加してきました。

東京の夜の部です。

 

一度、MCの高崎くん見たさに馬場良馬さんの馬会に行き、そこでフリーダムな高崎を味わってからというもの、これはもうトキイベ行くしかないなと。

行って大正解でした。

 

最初のコーナーは、「とにかくやってみた」。ただのカオス。

「お客さんのビーチボールをキャストが追いかけてみた」は、観客席に投げられた数個のビーチボールをキャストが追いかけて、観客は取られないようにする、っていうやつで、あ〜ファンミーティングによくある触れ合いコーナーかなと思ってたら、別にそうでもなかった。

「とにかく全力でジャンケンして負けた人は会場を一周してみた」では、ジャンケンに全力(ほぼ叫んでるだけ)すぎて、勝敗すら決まりませんでした。

馬場さんと翔太くんの漫才が地味に完成度高くて笑った(笑)それに比べて荒牧くんと翔さんの漫才がひどい(笑)

荒牧くんが妹を娘と言い間違えたことから隠し子騒動が発展し、翔さんの「まっきーに隠し子…まっきーのファンが三分の一になる…事務所がなくなる…俺の仕事がなくなる…夜のバイトを始める…𠮷野家…シフトリーダー…」っていうくだりが延々と(笑)

まっきー笑いすぎて続行不可能でした。

 

撮影タイムのファッションショーでは、馬場さんがフリーダムでした。まともな顔をする気はないっぽいです。

翔太くんと荒牧くんの女装がちょっとリアルに可愛すぎて。あらまき子近くで見れたけど普通に、いや普通より100倍可愛い女子。乃木/坂かよ。

翔さんは女優オーラの美人さん。馬場さんはやっぱりまともな顔をする気ない。

 

その女装のままお送りする、拝啓高崎殿のコーナー。このコーナーでは、馬場さんがメンバー3人のファンへの気持ちを代弁した手紙を3人が朗読します。あくまで本人が書いた体で。

にもかかわらず、手紙冒頭の馬場さんが決めた設定を読んじゃう翔さん。(結局みんな読んでた)

設定によると、翔さんの手紙は長嶋茂雄の巨人軍引退とガキ使のオマージュだそうです。

翔さん「我が巨人軍は永遠に不滅です」「やめへんでーーー!」ばばりょ土下座。

荒牧くんの設定はアントニオ猪木とマイケルのオマージュ。謎。

なんか顎しゃくれながら手紙読むし、でも肝心なところでしゃくれない荒牧氏。きっとあんまり元ネタわかってない(笑)可愛い女装でしゃくれるから翔太くんが横からずっと「ブス(笑)」って言ってた(笑)

トリの翔太くんは金八先生のオマージュ。やったことない金八先生のモノマネをやらされる翔太くん。似てない。翔さん「平泉成さん?」「新キャラでてきた」

笑いは取れても音程は取れない翔太くんによる贈る言葉全力歌唱が聴けました。

馬会でも思ったけど、拝啓高崎殿神コーナーだな(笑)(笑)

 

殺陣コーナーは普通にかっこよかった!イケメンのジャパネスクは最高だから。荒牧くんは剣舞を披露してましたが、本当に殺陣が上手いな〜〜〜

 

そして期待のたかさちゃん(笑)(笑)

ドキドキドリームキャンパスっていうトキの女子アイドルのパロ?らしいです。解散ライブ。

たかさちゃんの泣き真似可愛いすぎた(笑)

唯一本家から参加の子に「こいつムカつく」って言っちゃうたかさちゃん。

一人でセンステ出ると後ろ気にしちゃうたかさちゃん。

かなりぶりっこのたかさちゃん。

 

そしてなんといってもトキミュ!面白かった!トキメンによる学芸会って感じ!!

悪の魔法使いババロンの無茶振り魔法つよかったな〜〜〜

てかまずみんなの名前がいいよね。トミタス、アラマキンス、タカサス、ババロン。三秒で決めた感。

最後の「僕たち三銃士」的な歌を踊らされるトキの社員さんたち。アットホーム…

地味にあの曲が頭に残ってます。さんじゅうし♪

 

3時間って長丁場のイベントだったと思うけど、ずーっと楽しませてもらえて、トキイベに後悔なしです!

 

ふと思ったのだけど、このトキメン4人、めちゃくちゃバランス良くないですか?

4人組アイドルグループ(F4的な何かでもいい)だとして、それぞれのキャラ立ちが最高ですよね。

翔さんが頼れるカッケー兄貴枠、ばばりょの愉快でお茶目な兄貴枠、そして翔太くんがちょっとおバカ気味の可愛い弟、荒牧くんはオールマイティでやや控えめな末っ子的な。

絶対売れる。

誰の個性も被らないっていうのは、グループとしてでかいと思うんだ。

っていうオタクの戯言〜〜〜

 

アイドルデビューはまあしなくていいとして、なかなかこんなバランス良いメンバーないと思うので、ぜひトキイベ続けていただきたいです。

 

viva la……レボ☆リューション!!!!

 

 

 

學蘭歌劇『帝一の國〜血戦のラストダンス〜』ライビュ感想。〜あなたもわたしも帝一ロス〜

學蘭歌劇『帝一の國〜血戦のラストダンス〜』ライブビューイングに行ってきました。

 

初めは、第一章も二章も見てないし話わかんないからチケットはいいや〜みたいな気分でいたのですが。

ゲネの動画を見てしまい、また旅行先での暇つぶしに原作を購入したことで、もう行きたくてたまらなくなって。

それが千秋楽二日前でした。

そして必死にライビュなら行けるかとチケット探して、気づいたら旅行から帰ってそのまま映画館に向かってました。

 

あのときの自分の行動力に感謝したいと共に、最初から劇場に行くことを決めなかった自分をぶん殴りたい。

そのくらい最高な舞台でした。

 

たくさん面白い舞台はありますが、こんなに引きずった舞台はなかなかない。キャストの皆さんたちが言っているとおり、まさに帝一ロス。

 

ケーブルテレビに課金して第一章と二章も見ちゃったらますます帝一ロス。

 

もうずっとM1聞いてます。こっこ〜に勝利の旗を〜〜かかげろ〜お〜お〜〜♪

 

幻の城で染谷さんに心打たれるまで、実は私細貝さんめちゃくちゃ好きだったのですが、駒先輩にルルカ、2役を演じる細貝さん見たらもう好きが溢れて溢れて(笑)

気づいたら曇天のチケット取ってました。

 

こっからネタバレありの感想です。

 

一応、舞台より原作を先に読んでみたのですが、ほんとにびっくりな再現度でしたね。

吉川さん演じる菊馬の表情筋どうなってるんだろう。

菊馬と言えばキクマ・ド・サド様。

あのシーンのルルカとミッチェルが可愛すぎて。

ふーたりのちゅーせいしーん♪

原作でもあの二人のニコイチ感が大好きなんですが、やっぱり氷室と駒を演じた二人の新たなニコイチって感じでしたね。ちょっと自分がなに言ってるかわかんないけど。

 

あとなにより、光明の洗脳シーン。ここは見ててなんかきつかった。

一章からそりゃもう色んなことがあった帝一だけど、伴侶の光明を失うのは辛そうすぎました。

菊馬と光明の絡みが可愛くてふっとんだけど(笑)小悪魔光明にゃん。

 

さとちゃんの玲ちゃんと流司くんの久我も最高でした!玲ちゃんほんとアイドルだな〜〜〜

キクマ・ド・サドの時の流司くんの日替わりの「初日」がもう。千秋楽に「初日」。

菊馬が「もう体ボロボロだよ!!」って返してたのほんとお疲れ様ですって感じです。

 

そしてまだ私が未読の髪伸びた蒜山。いい悪役っぷりでした。

あの軍服が似合いすぎてて。

自信満々の悪そうな笑みから、最後の絶望した表情に変わっていく蒜山が忘れられないです。

 

クライマックスの僕が生徒会長じゃないなんて。この曲も最後にふさわしい清涼感と哀愁のようなものが感じられて最高でした。帝一の最後の曲どれも抜群に好みなんです。

コミック買ってねとか歌っちゃうとこも(笑)

 

千秋楽は、最終章ということで、卒業式がありました。

兎丸先生が細貝を磯貝呼びするのツボです。

何人かっていうか結構キャストの方が泣いてて、本当にいい仲間でいい舞台を作り上げたんだなあと。

 

第一章からぜーんぶ生で見たかった!と後悔が募って仕方ないです。

命短し金出せオタクだな〜〜〜

 

とりあえずまだまだ録画した一章と二章を見ながら、そして最終章DVDを待ちながら帝一ロスに浸ろうと思います。

今は光子の「抱かれたアタシ」とルルカミッチェルのコウメイドールとの「がわいい〜〜〜ほんとぎゃわいいい〜〜〜〜」のシーンを鬼リピしてます。「なあになあにコウメイドール♪」の揃い方が可愛すぎる。

 

そして、私はイケメンの女装とオカマ役が大好きだという性癖に気がつきました。細貝さんのおかげです。ありがとうございました。